黄色い花畑

タダシップの正しい飲み方

薬を持つ男性の手

タダシップは用法・用量をしっかり守ることで高い効果を発揮してくれます。とは言っても、他のED治療薬に比べるとかなり飲みやすい薬です。食前・食後のどちらでも服用可能ですし、多少アルコールを摂取していても効果が低下する心配がありません。

しかし食べ過ぎや飲み過ぎには注意が必要です。タダシップは食事の影響で効果がなくならないと謳われることもありますが、正しくは800kcalまでなら食べてもいいことになっています。一番効果を発揮するのは空腹時なので、お腹いっぱいになるまで食べないように気をつけると良いでしょう。

また、アルコールを摂取するのであれば、泥酔するまで飲まないことが大切です。アルコールの血中濃度が高まるとタダシップの成分が邪魔されてしまうので、十分な効果が得られない可能性があります。また、アルコールによって勃たなくなることも考えられるため、飲酒は控えめにしておきましょう。少量の飲食であれば特に気にすることはありません。

セックスをする1〜3時間前までにタダシップを飲んでおけば、その間に有効成分が体内に吸収され、効果を発揮してくれます。初めて飲む場合は半錠にしてから服用すると安心です。

タダシップは副作用が少ないという特徴がありますが、だからと言って1日に2回飲むことは危険です。効果が重複して重い副作用が出てしまう可能性があります。服用は最大でも1錠、1日に1回という決まりがあるので、そのルールに従って安全な方法でED治療を行いましょう。
ルールさえ守れば年齢を問わずにタダシップを飲むことができます。しかし心臓病や高血圧を患っている人は医師に相談した上で服用する必要があります。自身の体調を考慮した上でタダシップを飲むことが大切です。