黄色い花畑

タダシップが安いワケ

散りばめられた千円札

タダシップはインドにある製薬会社が作っているED治療薬です。日本の病院で処方されるシアリスと有効成分が同じで、シアリスのジェネリックとして人気を高めています。

シアリスは新薬なので開発費などのコストがかかり、薬価が高くなっています。しかしタダシップは開発コストが抑えられているため、薬自体の価格も低いのです。EDは短期間で治ることがありません。そのため安いタダシップなら購入しやすく、気軽にED治療を続けられるというわけです。

「安い薬って安全性はどうなの?」と思う人も居るでしょうが、タダシップを作っているシプラ社という会社はインドの中でも大きな企業で、世界各地で医薬品の販売を行っています。タダシップはジェネリックではありますが正規品として販売されているため、安全性はしっかり保証されているのです。

シアリスのジェネリックはタダシップだけではありません。同じ有効成分である薬はいくつかあるのですが、その中でもタダシップは高い人気を誇っています。
その理由は製薬会社の信頼性が高いこと、そして安価であることが主な理由として挙げられます。安くて安全、そしてED治療の効果が高いとなれば、注目されることは当然だと言えるでしょう。

病院でシアリスを処方してもらう際、1錠あたりの価格は1500円前後です。しかしタダシップは1錠あたり400円前後となり、半額以下という驚きの価格で購入できます。個人輸入が必要になるため送料などはかかりますが、それを含めても病院を受診するより安く済むのです。

ED治療にあまりお金をかけられない場合はタダシップを購入して、自分のペースで症状改善を目指すことが最適です。
お悩み宅急便という個人輸入代行サイトならセット購入でさらに安くなるため、よりお得な価格でタダシップが手に入ります。